幸せ思考が、幸せを呼ぶ ポジティブ心理学でハッピーになる習慣を付けてみよう

気分の落ち込みを、チャンスに変えよう

「ポジティブ心理学」を知っていますか? 最先端の研究によって、「自分は幸せだ」と思う人ほど良い結果を生むことが証明されました。ピンチをチャンスに変えましょう!

体調が万全でないときは、心の調子も悪くなりがち。

こんな時こそ、「ポジティブ心理学」の研究によって導かれた、幸せになるための習慣を身に付けましょう。

目標を達成したときや成功したとき、初めて幸せになれる。そう信じていませんか?

実は、最新の研究によって成功しやすい人の共通点が発見されたのです。それは「楽天的」で「幸せを感じやすい」ということ。

全てが完璧にならないと幸せになれない! と思うのではなく、小さな幸せを感じていきましょう。

落ちこんだ時も、「今の落ち込みは一時的なもので、これによって自分は更に向上する」と考える習慣を身につけましょう。
それだけで、必ず良い結果が付いてくるそうです。